フロントエンドバックエンドマーケティングとは。意味や事例を解説!

今回は、フロントエンドバックエンドマーケティングについて。

売上を上げるための重要な考え方です。

意味や具体的な事例などを解説していきます。

 

フロントエンドバックエンドマーケティングとは?

フロントエンドバックエンドマーケティングとは、

商品を「フロントエンド商品」と「バックエンド商品」という、

2つの構成にして販売するマーケティング手法の事です。

 

フロントエンド商品とは

フロントエンド商品とは、

集客を目的とした低価格な商品の事です。

 

✓化粧品のサンプルセット

✓ジムの無料体験レッスン

✓コピー機

などがフロントエンド商品の例として挙げられます。

 

これらの商品の目的は集客。

利益を取ることではありません。

 

その後に販売するバックエンド商品で

利益が回収できるなら赤字でも良いくらいです。

 

もちろん、本来の目的である集客が

上手くいくのであれば利益を出る価格にしてOKです。

 

バックエンド商品とは

一方、バックエンド商品とは、

利益回収を目的とした高価格な商品の事です。

本当に販売したい商品とも言い換えられます。

 

さきほど挙げたフロントエンドのバックエンド商品の例としては、

✓化粧品の定期購入

✓ジムの月額有料プラン加入

✓コピーインク

が考えられます。

 

通常、フロントエンド商品を購入してくれたお客様は、

商品に価値を感じてくれている状態です。

そのため、いきなり高額なバックエンド商品を販売するよりも、

フロントエンド商品を購入してもらってからの方が、

バックエンド商品を販売しやすいです。

※当然、フロントエンド商品に価値がある前提。

 

まとめると、まずはフロントエンド商品で集客。

フロントエンド商品を購入して商品価値を実感してくれたお客様に、

バックエンド商品を販売して利益を回収する。

この一連の流れがフロントエンドバックエンドマーケティングです。

 

フロントエンドバックエンドマーケティングの事例

「マッサージの体験いかがでしょうかー?」

「初回限定無料でーす!」

 

マッサージに限らず、英会話塾や化粧品会社などが

フロントエンド商品として、

レッスンや商品を無料で提供している事があります。

 

これはフリー戦略(フリーマーケティング)とよばれる手法、

いわゆる0円商法というやつです。

 

 

0円なら体験受けてみようかな

気持ちいいな〜!

店員さんの対応も親身で安心感があるな〜!

えぇっ!?今日入会だと月額30%オフ!?

なら今日、加入しよう!!

 

 

これが大まかな流れです。

 

フロントエンドバックエンドマーケティングは、

ネットビジネスに限らず、

世の中のビジネスでは取り入れられている事が、

非常に多いマーケティング手法です。

 

使いこなせると確実に売上が向上します。

ビジネスをする時は是非、積極的に取り入れていきましょう。

最後までご覧頂きありがとうございます。お礼にプレゼントを無料でお渡ししています。

当ブログの管理人「Magara」って誰?何してる人?

Magaraの詳しいプロフィールはコチラ

2 件のコメント

  • さかのぼってコメントしていく、というやり方をする人間なので、「後の記事」にコメントを先に書いてしまいましたが、まさにFREE戦略は、バックエンドへ持っていくための、戦略的な方法論といえるのですね。 なので、ゴールから逆算したときに、何をフロントエンドに持っていくのか?という構造を考えて組みたれることが大切なんだろうな、って、理論上は分かりつつあります。

    • いつもありがとうございます。
      お好きなところからコメントして頂ければと思います。
      素晴らしいですね。ゴールからの逆算まで出来れば完璧ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です