Google Search Console(サーチコンソール)の使い方とは【記事を速攻でインデックスさせる方法】

今回は「Google Search Console(サーチコンソール)の使い方とは」という事で、

Google Search Console(サーチコンソール)を用いて、新しく書いた記事を速攻でインデックスさせる方法をご紹介します。

今回お伝えする方法を用いることで大体、記事を投稿してから5分以内でインデックスされます。

 

トレンドキーワードを狙ったトレンド性の高い記事の場合、インデックスされるまでの時間がアクセス数を大きく左右します。

そのため、検索エンジンにいち早くインデックスさせる必要があります。

 

なので、記事を新しく書いたら必ず今回お教えする作業を行うようにしてください。

また、日頃から習慣付けるため&インデックスが早い事に一ミリも損はないため、スタンダードキーワードで記事を書く場合にも行う事をオススメします。

 

※2018年4月現在、「Fetch as Googleを用いた手法」の方が早くインデックスされる事を確認しました。

ほんの少しだけ手間は増えるのですが、インデックスが早くなる事の方が重要です。

本記事の内容ではなく、以下記事の内容を参考にインデックス作業をする事をオススメします。

・Fetch as Googleを使って記事を速攻でインデックス!アクセスを爆発させよう【2018年4月最新版】

Google Search Consoleを用いて記事を速攻でインデックスさせる方法

1.Google Search Consoleにアクセス&ログイン

こちらからGoogle Search Consoleにアクセスしてください。

 

アクセスすると下記のような画面が表示されます。

メールアドレスを入力して「次へ」を入力して下さい。

続いて、画面が切り替わるのでパスワードを入力してログインしてください。

console サーチコンソール

Googleのアカウントをお持ちでない場合は、

Gmailアドレスの作成方法

の記事を見てもらえれば、Googleアカウントを作成出来ます。

 

 

2.インデックスさせたい記事のURLを入力

Google Search Consoleにアクセス&ログインできましたら、

以下のような画面が表示されます。

 

 

①にあなたがインデックスさせたい記事のURLを入力。

②にチェックを入れて、

③の「リクエストを送信」ボタンをクリックしてください。

 

これで作業は終了です。

 

通常は記事を公開してからインデックスされるまでにすこし時間がかかります。

しかし、たったこれだけの作業で

あなたのサイトが作ったばかりであったとしても

速攻でインデックスされて検索エンジンの検索結果に表示されます。

 

トレンド性の高い記事を書く場合はマストで利用して欲しい便利な機能です。

 

何事でもそうですが、

知っているか知らないかの違いは本当に大きいですね。

最後までご覧頂きありがとうございます。お礼にプレゼントを無料でお渡ししています。

当ブログの管理人「Magara」って誰?何してる人?

Magaraの詳しいプロフィールはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です