マーケティングファネルとは。意味や事例を解説!

今回はマーケティングファネルについて。

この考え方を意識することでビジネスがどんどん楽になっていきます。

 

ファネルの意味とは

まず、ファネルという言葉の意味について説明しておきます。

おそらく聞き慣れない言葉だったのではないでしょうか。

 

ファネルとは、漏斗(ろうと)の事。

下の写真のようなモノです。

 

 

あなたも理科の実験で使ったことがあるかもしれません。

不純物をろ過するために使う器具です。

 

「砂利が入った水(混合物)」から、

「砂利(不純物)」を取り除いて「綺麗な水(純度の高い物)」を

精製する事を目的に使います。

 

マーケティングファネルもこれと全く同じ考え方です。

 

マーケティングファネルとは

ビジネスにおけるファネル、

すなわちマーケティングファネルとは、

見込み客をファネルでろ過していくという考え方です。

 

「市場に存在する多種多様な人(混合物)」から、

「あなたの価値観に共感しない人や、

あなたの商品に価値を感じない人(不純物)」を取り除きます。

そして、「あなたの価値観や商品に価値を感じる人(純度の高い物)」を精製していきます。

 

・・・少し小難しい説明になってしまいましたね。

 

マーケティングファネルを簡単な言葉で言い換えるならば、

「どれだけお客さんと信頼関係を築けているかを表す言葉」と言えます。

マーケティングファネルの下にいけばいくほど、

顧客のあなたに対する信頼度、ファン度が高い状態となります。

 

そして、マーケティングファネルにおいて大事なポイントは

「ろ過=教育」だという事です。

 

マーケティングファネルをネットビジネスの事例で丁寧に解説

まずは、間口を広げて見込み客を集客。

マーケティングファネルに注ぐところからスタートします。

 

そして、無料レポートや無料コンサル、

フロントエンド商品の販売、バックエンド商品の販売などを経て、

最下層のリピーターへとつながっていくわけです。

 

下に行けばいくほど、ろ過された状態。

つまり、あなたとの信頼関係がしっかりと

出来上がっている濃いお客さんがいる状態という事になります。

 

マーケティングファネルの最下層へろ過していくためには

当然ですが、ビジネスをしていくうえで望ましいのは、

マーケティングファネルの最下層のファン、リピーターが多い状態です。

 

あなたの大ファンであるリピーターさんは、超優良顧客です。

あなたが商品を販売する度に、

 

あなたが大好きなので喜んで商品を購入してくれます。

当然、ビジネスとしては安定して利益を上げられる状態。

 

 

では、どのようにすれば、見込み客を

「ろ過=教育」してあなたのファンにしていけると思いますか。

 

 

それは、

✓まっとうに誠実にビジネスを行うこと

✓お客さんの期待を越える価値を提供すること

の2点です。

アフィリエイト初心者が月収10万円を毎月稼ぐための教科書を無料でプレゼント

ワードプレスの立ち上げ方〜売れる文章の書き方までを30本以上のコンテンツにまとめた教科書を期間限定で無料でプレゼント。

今なら特典として「誰でも確実に3万円稼げるノウハウ」をまとめた動画もお渡ししています。

※とりあえず無料で受け取る場合はコチラ をクリック↓

【管理人Magaraのプロフィール】

1992年3月生まれ、現在26歳。
代官山蔦屋とかオシャレな空間が好き。
満員電車や行列に並ぶのが嫌い。

早稲田大学商学部を卒業後、IT系ベンチャー企業に法人営業として就職。

 

仕事に励み、楽しい毎日を送っていたが『出会いがない』『お金がない』『海外旅行に行きたいのに行けない』という現実に直面。思い描いていた理想の人生の実現が難しい事に気づく。

現状を打破すべく「まずは副業で稼げ!」というアドバイスに従い、転売を開始。

比較的すぐに稼げたものの肌に合わず撤退。

その後、PC1台で世の中に価値を提供しながら稼ぐアフィリエイトに魅力を感じて没頭。

 

開始から半年で今でも完全放置で毎月10万円以上を稼ぐような資産サイトの構築に成功。

その後、脱サラ。
独立初月には月収70万円を達成。

会社員時代の3倍以上の収入を得て少し感動。

 

自分のペースで誰にも邪魔されずに出来る事、アイディアが数字/成果という目に見える形になる事も好きで、現在もアフィリエイト、webコンサルティング、メディア運営等ネットを用いてビジネス活動中。

 

代官山のカフェでまったり過ごしたり、平日ド真ん中に海外に行ったり。そして何より満員電車に乗る必要が無くなったことで、ストレスフリーな毎日を送っています。

⇒詳しいプロフィールはコチラ

1 個のコメント

  • 要するにプロダクトローンチの方法論ですね。
    ブログやSNSを通じて「来店」してもらった方に、無料プレゼントやメルマガで「教育」し、徐々に信頼関係を築いていってからバックエンドで購入してもらう、ということなのだろうと思います。

    なので、集客・教育=価値提供・オファー・成約、というプロセスを経る必要があって、いきなりリンクバナーを貼るようなアフィリエイトはSEOも含めていろいろな意味でマイナスになるんですよね?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です