通勤時間を無駄にしないために出来る事5選!30分~2時間を大切にすべき理由も!

通勤時間は、どのように過ごしていますか。

スマホでパズドラしたり、マンガ読んだり、ボーっと外を眺めたり。

ついつい、無駄にしてしまっていませんか。

 

毎日30分、1時間、2時間と積み重なる通勤時間を大切にして有意義に過ごすか、無駄にするかで人生が大きく変わります。

限られた人生の貴重な時間。出来るだけ有効活用していきたいですよね。

 

この記事では通勤時間を無駄にしないために出来る事についてお話ししていきます。

通勤時間は何も出来ないと言って30分〜2時間を毎日、無駄にすると・・・

あなたの往復の通勤時間は毎日どのくらいでしょうか。

 

もし、仮に片道30分、往復1時間だとしましょう。

月の勤務日数を20日、年間の勤務日数を240日とすると年間の通勤時間は240時間。

片道1時間、往復2時間の場合は年間で480時間もの時間を通勤時間に使っているという事です。

時給1000円で計算しても年間48万円にもなりますね。

通勤時間が長いのはマジで無駄。まだ引っ越ししないの?

通勤時間に出来ること、するべきこと

さて、通勤時間に出来ることを紹介していきたいと思います。

ちなみに、この記事では「通勤時間を無駄にするのはもったいない!」「成長するため、楽しく豊かな人生を送るために出来る事した方が良くない?」という考え方で進めていきます。

なので、スマホゲームはランクインしていません。

というか、学生時代から何となく、スーツ着た大人がスマホでパズドラしてたり、マンガ雑誌を呼んでいるのを見て「カッコ悪いな」って思っていたのでランクインしていないです。

読書

「通勤時間を有意義に過ごすために何かをしよう!」そう思ったときに、パッと思いつくものの代表例が読書ではないでしょうか。

僕も社会人1年目の頃は、もっぱら読書時間にあてていました。

 

入社直後は、”新人社員はどうするべきか”、”出来る社会人とはどうあるべきか”みたいなノウハウ本を何冊か読んでいた覚えがあります。

鉄板かもしれませんが「入社1年目の教科書」は、その後の会社員生活を送るうえでかなり役立ったなと思います。

 

その後は、ビジネスメールが苦手だなと思ったら、ビジネスメールの本。

営業スキルが足りないなと感じたら、営業の本。

という風に、仕事をするために必要だなと思った本を読んでいました。

 

また、ここまで紹介してきたノウハウ本だけでなくて、「道をひらく」「生きる」とか日本を代表する経営者さんの本を読んだのも自分にとってプラスになっているなと思います。

僕は紙の本派ですが、今は電子書籍でも色々な種類の本が読めますよね。

スマホやタブレット端末を活用すれば、「本を会社に持っていくのが重くて嫌」という人も気軽に通勤時間で読書できるはずです。

情報収集(ニュースサイトなど)

続いては、世の中の情報収集です。

僕は新聞ではなく、スマホのニュースアプリやニュースサイトを利用していました。

一時期、かなり話題になった堀江貴文さんのスピーチの中でも、これからの世の中は「自分で、出来るだけ多くの情報に接する事が大事です。(略)自分でスマートフォンのニュースアプリを使って情報に接する事も出来る・・・」と話されていましたね。

※動画3分5秒頃

 

・・・この動画を知ったのは、僕の通勤時間が0分になった後でしたが。笑

音声学習

身動きが自由に取りづらい事も多い、電車の中でオススメなのが音声学習です。

TOIECをはじめとした英語学習もそうですし、その他、youtubeで聞けるような営業ノウハウ動画とかもあります。

英語に限らず、音声で何かを勉強をするというのは、やっていない人が多い印象ですが記憶に残りやすいので、かなり効率良いです。

 

激混みの満員電車の場合、イヤホンが周りの人のカバンに絡まってトラブルや破損のきっかけになる事があります。

また、ぶつかったはずみなどで、イヤホンが落ちてしまった時に拾うのが、かなり大変な時がありますので、気をつけましょう。

副業に関する作業をする

僕の1番のオススメはこれです。

社会人になって2年が経った頃から、僕は副業としてアフィリエイトをはじめたのですが、その日からというものの、通勤時間ではアフィリエイトに関する作業をするようになりました。

はじめのうちは「絶対に成果を出してやるぞ!」という思いだけでした。

とにかくガムシャラだったので、アフィリエイトに使える時間はすべて使って結果を出そう、と考えていたら、自然と通勤時間にもアフィリエイトに関する作業をしていました。

 

そして、1ヶ月、2ヶ月・・・とたって、1万円、3万円・・・と稼げるようになったころからは、自分の頑張り次第で、「お金が稼げる=結果が出る」という事が嬉しくて、より一層、作業にも熱が入るようになっていました。

普段、アフィリエイトはパソコンでやっていますが当然、電車の中でパソコンは使えません。

それでも、音声や動画、記事でアフィリエイトを勉強したり、どんな記事を書こうか考えたり、ネットで情報収集をしたり・・・

出来ることは色々ありました。

考える

満員電車の場合、スマホを操作することも出来ないくらい身動きが取れずに過ごさないといけない時もありますよね。

そのような時は、「考える」というのがオススメです。

 

どうしたら、より良い人生を送れるか。

どうしたら、収入を上げる事が出来るか。

どうしたら、もっと楽しい人生になるか。

 

何も使えないような満員電車でも、頭で考える事は出来ます。

なので、考える作業は電車ですませて、スマホもパソコンも本も使い放題の家では、それらを使った作業をするのが時間を無駄なく使えてオススメですね。

通勤時間を無駄にしないで有効活用できれば・・・

まさに「チリも積もれば山となる」です。

短い通勤時間でも無駄にしないで、コツコツと出来ることに取り組んでいけば、大きな成果につながっていきます。

実際、通勤時間で読み終えた本は数知れませんし、その本によって会社員時代の成果が上がった事は間違いありません。

 

通勤時間を副業の作業に使っていた時は、さらにわかりやすかったです。

移動時間の30分、1時間、2時間を無駄にしないで副業に取り組んでいた事がリアルに成果につながった事も多々ありました。

電車の中で情報収集をして、家に帰って書いた記事が結構な収益につながった事もあります。

 

今振り返ってみると、こうした積み重ねがあって、副業として月収10万円を稼げるようになり、独立して通勤時間が0分になり、月収200万円を突破し、好きなところで好きな時に働く事ができるようになり、今に至るという感じです。

劣等感を抱えながらの会社員生活に別れをつげ、楽しみながら働いてたら月収200万こえた話。

 

時々、副業をしない理由に「時間がないから」という人がいます。

ですが、実はそういう方に限って通勤時間、ぼけーっとスマホゲームをしてしまっている傾向にあります。

本当は「時間がない」というのは幻想で、通勤時間を上手く活用すれば結構な時間を作る事が出来るケースが多いんですよね。

 

もし、あなたが

  • 通勤時間を無駄にしないで活用したいけど、何をすれば良いか決まっていない
  • 副業や個人で稼ぐスキルやライフスタイルに興味がある

などの場合は、僕のメール講座に登録して、通勤時間に目を通して頂くと良いかもしれません。

 

僕のメール講座では、僕が会社員時代に副業としてはじめたアフィリエイトに関する事を中心に、個人で稼ぐスキルを身につけるためのビジネススキルや考え方などについての情報をお届けしています。

今なら無料配信中です。

 

Magara公式メール講座の登録は、こちら

アフィリエイト初心者が月収10万円を毎月稼ぐための教科書を無料でプレゼント

ワードプレスの立ち上げ方〜売れる文章の書き方までを30本以上のコンテンツにまとめた教科書を期間限定で無料でプレゼント。

今なら特典として「誰でも確実に3万円稼げるノウハウ」をまとめた動画もお渡ししています。

※とりあえず無料で受け取る場合はコチラ をクリック↓

【管理人Magaraのプロフィール】

1992年3月生まれ、現在26歳。
代官山蔦屋とかオシャレな空間が好き。
満員電車や行列に並ぶのが嫌い。

早稲田大学商学部を卒業後、IT系ベンチャー企業に法人営業として就職。

 

仕事に励み、楽しい毎日を送っていたが『出会いがない』『お金がない』『海外旅行に行きたいのに行けない』という現実に直面。思い描いていた理想の人生の実現が難しい事に気づく。

現状を打破すべく「まずは副業で稼げ!」というアドバイスに従い、転売を開始。

比較的すぐに稼げたものの肌に合わず撤退。

その後、PC1台で世の中に価値を提供しながら稼ぐアフィリエイトに魅力を感じて没頭。

 

開始から半年で今でも完全放置で毎月10万円以上を稼ぐような資産サイトの構築に成功。

その後、脱サラ。
独立初月には月収70万円を達成。

会社員時代の3倍以上の収入を得て少し感動。

 

自分のペースで誰にも邪魔されずに出来る事、アイディアが数字/成果という目に見える形になる事も好きで、現在もアフィリエイト、webコンサルティング、メディア運営等ネットを用いてビジネス活動中。

 

代官山のカフェでまったり過ごしたり、平日ド真ん中に海外に行ったり。そして何より満員電車に乗る必要が無くなったことで、ストレスフリーな毎日を送っています。

⇒詳しいプロフィールはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です