fetch as googleの代わりのインデックス機能の使い方【新Google Search Console】

どうも、Magaraです。

 

今回は新しいGoogle Search Consoleにおいてインデックスを促進させる機能についてお話していきます。

 

新しいバージョンのGoogle Search Consoleには、fetch as google(フェッチアズグーグル)の機能が見当たりませんよね。

インデックスを早める機能として、記事を更新するたびに活用。

特にトレンド系の記事を書く時にはお世話になっていた機能です。

 

あなたの見落としとかではなく、結論として「fetch as google」という名前の機能は無くなっています。

ですが、ご安心ください。

新しいGoogle Search Consoleにおいてもインデックスを早くするための機能はありますので、使い方について説明します。

 

Google Search Consoleにサイトを登録していない人は先に登録を行いましょう。

新Google Search Consoleでサイト登録・所有権の確認を行う方法【プロパティタイプ、DNSレコードも解説】

【新Google Search Console】fetch as googleの代わりにインデックスを早くするための機能の使い方

まず、新Google Search Consoleにログインしましょう。

>> https://search.google.com/search-console/

 

そして、左上のサイトURLがインデックスしたい記事のトップページのURLになっているかを確認してください。

 

 

続いて、画面上部、中央の「〜内のすべてのURLを検査」という項目にインデックスさせたい記事のURLを入力しましょう。

入力が出来たら「🔍」マークをクリックです。

 

以下のような画面に切り替わったら「インデックス登録をリクエスト」ボタンをクリックして完了です。

 

fetch as googleは2019/03/28以降、使えなくなります

Fetch as Googleに「2019/03/28以降はご利用いただけなくなります」という表示が出るようになっています。

2019/03/28までは「Fetch as Google」を使えます

2019/3/28まではfetch as googleを使う事も可能というわけです。

その場合は、新しいGoogle Search Consoleの左下「以前のバージョンに戻す」を使って、旧バージョンのSearch Consoleにログイン。

 

 

続いて、画面左の「クロール」から「fetch as google」を選択しましょう。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

アフィリエイト初心者が月収10万円を毎月稼ぐための教科書を無料でプレゼント

ワードプレスの立ち上げ方〜売れる文章の書き方までを30本以上のコンテンツにまとめた教科書を期間限定で無料でプレゼント。

今なら特典として「誰でも確実に3万円稼げるノウハウ」をまとめた動画もお渡ししています。

※とりあえず無料で受け取る場合はコチラ をクリック↓

【管理人Magaraのプロフィール】

1992年3月生まれ、現在26歳。
代官山蔦屋とかオシャレな空間が好き。
満員電車や行列に並ぶのが嫌い。

早稲田大学商学部を卒業後、IT系ベンチャー企業に法人営業として就職。

 

仕事に励み、楽しい毎日を送っていたが『出会いがない』『お金がない』『海外旅行に行きたいのに行けない』という現実に直面。思い描いていた理想の人生の実現が難しい事に気づく。

現状を打破すべく「まずは副業で稼げ!」というアドバイスに従い、転売を開始。

比較的すぐに稼げたものの肌に合わず撤退。

その後、PC1台で世の中に価値を提供しながら稼ぐアフィリエイトに魅力を感じて没頭。

 

開始から半年で今でも完全放置で毎月10万円以上を稼ぐような資産サイトの構築に成功。

その後、脱サラ。
独立初月には月収70万円を達成。

会社員時代の3倍以上の収入を得て少し感動。

 

自分のペースで誰にも邪魔されずに出来る事、アイディアが数字/成果という目に見える形になる事も好きで、現在もアフィリエイト、webコンサルティング、メディア運営等ネットを用いてビジネス活動中。

 

代官山のカフェでまったり過ごしたり、平日ド真ん中に海外に行ったり。そして何より満員電車に乗る必要が無くなったことで、ストレスフリーな毎日を送っています。

⇒詳しいプロフィールはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です