仕事が物足りない時に転職すれば本当に解決するの?上司に相談なんて無駄?

こんにちは、Magaraです。

 

社会人として働きはじめてある程度の期間が経過。

仕事に慣れてきた頃、

 

「仕事が物足りない」

「もっと面白い仕事をしたい」

「自分にしか出来ない仕事をしたい」

 

こんな事が脳裏をよぎった事はありませんか。

 

転職すれば良いのか、上司に相談すれば良いのか、はたまた別の解決案があるのか。

このあたりについて、お話をしていきたいと思います。

仕事に物足りなさを感じる時とは

「定時までの時間を持て余してしまう」

「やる事ありますか?と聞いても何もない」

「誰にでも出来るような単純作業をひたすらやらなくてはいけない」

「同じルーティン、同じ内容の仕事ばかりで成長を感じられない」

 

こんな時、仕事に物足りなさを感じるのではないでしょうか。

僕自身は、頭を1ミリも使わずに「誰にでも出来るような単純作業をひたすらやる」という業務をこなしている時に、物足りなさと「自分、今なにしてるんだろう」感を強く抱いていました。

アルバイトの学生でも出来るだろ、こんな事。

 

勿論、会社全体として考えたら、誰かがやらないといけない事というのは頭では理解しているつもりでした。

けど「なんか物足りないな」「つまらないな」と一度、感じてしまったら最後。

その考えが頭から抜ける事はありませんでした。

仕事が物足りないと感じたら転職が正解?上司に相談するのが正解?…それとも

「仕事が物足りない」と感じた時に、思い浮かぶ選択肢として多いのは「転職」もしくは「上司に相談」だと思います。

 

つまり、

・転職をしてよりやりがいのある仕事をする

・上司に相談をして仕事を増やしてもらうor他の仕事をやらせてもらう

このどちらかの選択をするという事です。

 

ちなみにネットで検索したところ、yahoo知恵袋などでも同じような相談を見ました。

そして、大体が転職や上司への相談、あるいはまずは耐える。みたいな回答内容が多かったですね。

仕事が物足りないから転職をする

今の会社の仕事に物足りなさを感じた時。

転職をするというのは解決策としてどうでしょうか。

やりたい仕事があるような時は、転職をするのも良いかもしれません。

 

ただし、注意は必要です。

 

社会人3年目の時の事です。

会社の仕事への物足りなさから転職をした友人がいました。

彼は人の役に立つと実感できる仕事がしたいという事で医療系の会社に転職。

 

確かに、転職してやりがいのある仕事につくことが出来たそうです。

 

ただ、全てが上手くいったかというとそうでもなかった様子。

物足りなさを感じて転職した先は、いわゆるブラック企業。

膨大な仕事量、周りの先輩からの圧力もあり鬱になりかけたという程だったそうです。

 

その後、部署異動によって平穏な日常を取り戻したそうですが、また、次の部署異動でどのような働き方になるかはわからないんだとか。

 

結局、仕事の量が少なすぎたり、レベルが低すぎるのは物足りなくて辛い。

一方で、仕事量が多すぎらい、高い水準を求められ続けられるのも辛い。

客観的にみると少しわがままに感じるかもしれませんが、あなたも実際は同じなのではないでしょうか。

ちなみに僕は同じです。

 

つまり、自分で仕事量や仕事内容をコントロールできる仕事につかない事には、問題解決にはならないという事です。

上司に相談をする

では上司に相談をするというのはどうでしょうか。

仕事量が少ない事に物足りなさを感じている場合は、解決につながりやすいかもしれませんね。

多くの場合、やることは沢山あるでしょうし、ないとしても上司自身でやろうと思っていた仕事をふれば良いからです。

 

「なにかやることありますか?」

「なにかお困りのことありますか?」

「やろうと思っていて出来ていないことありますか?」

などと質問をしていれば、何かしら仕事を任せてくれるでしょう。

 

それでもなければ、

「何か勉強しておいた方が良い事ってありますか?」

と聞いて、将来に備えても良いかもしれません。

 

やっかいなのは、今まかされている仕事内容に物足りなさを感じている場合です。

 

この場合は、相談をしたとしても解決しずらいはずです。

なぜなら、あなたが”物足りない仕事”をやめるという事は、他の誰かが”物足りない仕事”をやらないといけなくなるからです。

都合よく手が空いていて”物足りない仕事”を一気に引き受けてくれるような人はあまりいないですよね。

 

「今の仕事が物足りない、つまらない」と言ったところで、「やるしかないよね、他に誰かやってくれる人いるの?」と言われてしまうのがオチです。

上司に相談しても、仕事量はともかく、仕事内容の変更というのは少しむずかしい部分でしょう。

 

 

結局、転職にしても上司に相談にしても、根本的な解決にはならない事が多いのかもしれません。

仕事の量や質を自分でコントロールできないと解決は難しいですよね。

 

実は僕が仕事に物足りなさを感じた時に、とった選択はどちらでもありませんでした。

僕がとった選択は、会社を辞めて個人で稼いでいくという選択です。

自分で何をどれだけやるかを自由に決められるって本当に良いよ

僕は社会人4年目の時に会社を辞めて独立しました。

誰にも縛られずに自由に仕事をして生活したいと感じたからです。

その結果、webマーケティングやブログ運営などパソコン1台あればどこにいても出来る仕事のスタイルが実現。

>>手取り20万の平凡な文系、営業社員がパソコン1台で月収200万稼げた秘密【Magaraって誰?】

 

そんなわけで、今では仕事内容や量、仕事をする時間を基本的には自分でコントロールできます。

なので仕事が物足りないと嘆くこと、やりたくない仕事をする事はなくなりました。

 

もしも、あなたも自分の裁量で自由に働くライフスタイルに興味があれば、僕の無料メルマガに登録して頂くと良いかもしれません。

初心者が独立をしたいと思った時、具体的に何をすれば良いのか、その手段についてお話しています。

今なら期間限定で、登録いただいた方、全員にオンライン教材のプレゼントもしています。

 

>>パソコン1台で出来る。誰にもじゃまされずに自由な働き方に興味があるあなたへ【無料メルマガ】

アフィリエイト初心者が月収10万円を毎月稼ぐための教科書を無料でプレゼント

ワードプレスの立ち上げ方〜売れる文章の書き方までを30本以上のコンテンツにまとめた教科書を期間限定で無料でプレゼント。

今なら特典として「誰でも確実に3万円稼げるノウハウ」をまとめた動画もお渡ししています。

※とりあえず無料で受け取る場合はコチラ をクリック↓

【管理人Magaraのプロフィール】

1992年3月生まれ、現在26歳。
代官山蔦屋とかオシャレな空間が好き。
満員電車や行列に並ぶのが嫌い。

早稲田大学商学部を卒業後、IT系ベンチャー企業に法人営業として就職。

 

仕事に励み、楽しい毎日を送っていたが『出会いがない』『お金がない』『海外旅行に行きたいのに行けない』という現実に直面。思い描いていた理想の人生の実現が難しい事に気づく。

現状を打破すべく「まずは副業で稼げ!」というアドバイスに従い、転売を開始。

比較的すぐに稼げたものの肌に合わず撤退。

その後、PC1台で世の中に価値を提供しながら稼ぐアフィリエイトに魅力を感じて没頭。

 

開始から半年で今でも完全放置で毎月10万円以上を稼ぐような資産サイトの構築に成功。

その後、脱サラ。
独立初月には月収70万円を達成。

会社員時代の3倍以上の収入を得て少し感動。

 

自分のペースで誰にも邪魔されずに出来る事、アイディアが数字/成果という目に見える形になる事も好きで、現在もアフィリエイト、webコンサルティング、メディア運営等ネットを用いてビジネス活動中。

 

代官山のカフェでまったり過ごしたり、平日ド真ん中に海外に行ったり。そして何より満員電車に乗る必要が無くなったことで、ストレスフリーな毎日を送っています。

⇒詳しいプロフィールはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です