仕事のペースを乱されるのが嫌!【乱させないための3つの対処法】

どうも、Magaraです。

仕事のペースを乱されるのって嫌ですよね。

会社員時代に出来る限り、自分のペースで仕事が出来るように考えていた事、実践してきた事をお教えしていきます。

仕事のペースを乱されるのが嫌なあなたへ

僕は振り返ると、昔から自分のペースを乱されるのが多分、嫌いだったんだと思います。

小学生の頃の話なのですが、「18時になったら宿題をやろう」と思っていた時に、18時が来る前に母親から「宿題やったの?今からやりなさい!」って言われるような事が何よりもストレスで、よくケンカしていました。笑

「18時になったら、やるって思ってたんだよ!」「ちゃんとやるからほっといてよ」みたいな。

ちゃんとやっていない事も時々あったので、僕も悪かったのですが。笑

 

そんな僕は、社会人になり会社員として働くにあたっても、仕事のペースを乱されるのがあまり好きではありませんでした。

仕事に集中したい時に話しかけられたり、途中で急遽、仕事を増やされたり、仕事の催促をされたりする事が嫌でした。

仕事のペースを乱されないためにするべき3つの事

なので、仕事のペースを乱されないようにするため、自分のペースで仕事をするためにはどうしたら良いかを日頃から考えていました。

色々と実践してみて効果のあった方法を3つお伝えします。

信頼を勝ち取る。そして、ひたすら結果を出す。

1番大事なのはこれですね。信頼を勝ち取る。

仕事が出来ない、任せていたら不安だと思われたら、必要以上に状況確認されてしまいます。

「結果が出てないんだからつべこべ言わずにやれ!」みたいな事を言われてしまっても、何も言い返せません。

一方、結果を出しさえすれば「自分なりのやり方」を主張しやすいです。

何事も最初が肝心。イメージの威力は大きいと思っていたので社会人1年目、入社した直後の数ヶ月〜1年は特に気を使っていましたね。

スケジュールを公言(公開)する

僕の勤務していた会社では、スケジュール管理ツールによって社員同士、スケジュールを共有していました。

Magara:10〜12時 社内打ち合わせ 13〜17時 A社で商談@東京駅

上司:10〜18時 名古屋出張 19〜20時 役員会

みたいに誰がどこで何をしているかが共有されているイメージですね。

 

義務付けられていたのは外出や商談予定だけでしたが、僕は急な仕事を振られてペースを乱されないように「17〜19時 提案資料作成」のように、自分1人でやる作業についても記載するようにしていました。

予定を明記しておけば、「急遽、誰か時間が空いてそうな人に任せたい」的な仕事を振られる可能性を減らせますからね。

同じような理由で作業進捗をこまめに共有しておくのもオススメです。

できない事は断る。もしくは代替案を提示する。

沢山の仕事を抱えすぎてしまうと、自分のペースで仕事が出来なくなってしまいます。

余裕がなくなって、不用意なミスをしてしまう事もあるでしょう。

なんでもかんでも対応していては本当に大事な仕事に支障が出たり、

 

できない仕事は、しっかりと断るべきです。

または、それが難しそうな時は「期限を延ばしてもらったり、他にやってくれる人を探したり、一部だけ対応するようにしたり・・・」何かしらの代替案を出すのもオススメですね。

本当の意味で仕事のペースを乱されない状況になるには

ただ、正直なところ、ここまでお伝えしてきたのは、僕が会社員時代に培った”なるべく”仕事のペースを乱されない方法です。

「今更なんだよ、それ」と思われたかもしれませんが、雇われて仕事をしている以上、完全に仕事のペースを乱されないっていうのはちょっと現実的ではありませんよね。

どれだけ気の合う親友や家族であっても、一緒にずっと過ごしていたら、ペースを乱されてしまうような事も時にはあるでしょう。

 

本当に意味でペースを乱されない仕事というのは、極力、人と関わらない仕事と言えます。

誰かと関わるとしても自分が主導権を握ってマウントを取れる仕事ですね。

 

極論ぽく聞こえるかもしれませんが、自分のペースで働きたければ自分がトップになるのが1番です。

自分が1番上の立場になってしまいさえすれば、基本的にはペースを握れるのは自分です。

 

さらに、人とあまり関わらない仕事であれば尚良いですね。

自分1人で完結するような仕事であればペースを乱されようがありません。

 

「・・・そんな、都合良い仕事あるのかよ。」って思いますよね。

分かります、その気持ち。

おそらく、以前の僕が聞いたら同じように感じただろうと思います。

 

ただ、それが実はあるんですよね。

自分のペースで働くのが好きなら自分がトップになるのがオススメ

実際に僕は現在、”あるビジネス”に取り組んでいる事で、人に仕事のペースを乱されない生活を送っています。

その”あるビジネス”とは、インターネットを使ったビジネス。

 

もう少し具体的にお伝えすると、僕が行っているのは「ブログ」を使ったビジネスです。

インターネット上に公開、僕が運営しているブログに貼っている広告から広告収入を得ているというわけです。

このビジネス、基本的には1人で全部出来てしまいます。

 

「ブログ運営」とか「広告収入を得る」とかって聴くと少し難しそうに感じたかもしれません。

ですが、しっかりと勉強してやれば全く難しくはないんですよね。

 

確かに最初は慣れない作業で時間がかかるかもしれませんが、正しい方法を学びながら作業すれば誰でも「ブログ運営」を1人で出来るようになります。

 

また、広告収入を得るという仕組みもシンプル。

ブログに広告を貼っておくだけ。

後は、ブログを見にきてくれた人の何人かに1人が広告をクリックしてくれ、クリックされると収入になるというわけです。

 

実際、僕もまったくの初心者だったのですが、ブログの立ち上げ〜記事の作成まで、0から教えてもらった事で気がついたら稼ぐ事が出来るようになっていました。

 

もしも、そのようなビジネスに興味があれば、ブログの立ち上げから具体的な稼ぎ方までをまとめた無料の教科書をプレゼントしていますので、良かったら見てみてください。

動画も用意していますので動画を見ながら動画のとおりに進めてもらうのがオススメですね。

下のバナー画像をクリックすればダウンロード出来ますので良かったら受け取ってみてください。

 

アフィリエイト初心者が月収10万円を毎月稼ぐための教科書を無料でプレゼント

ワードプレスの立ち上げ方〜売れる文章の書き方までを30本以上のコンテンツにまとめた教科書を期間限定で無料でプレゼント。

今なら特典として「誰でも確実に3万円稼げるノウハウ」をまとめた動画もお渡ししています。

※とりあえず無料で受け取る場合はコチラ をクリック↓

【管理人Magaraのプロフィール】

1992年3月生まれ、現在26歳。
代官山蔦屋とかオシャレな空間が好き。
満員電車や行列に並ぶのが嫌い。

早稲田大学商学部を卒業後、IT系ベンチャー企業に法人営業として就職。

 

仕事に励み、楽しい毎日を送っていたが『出会いがない』『お金がない』『海外旅行に行きたいのに行けない』という現実に直面。思い描いていた理想の人生の実現が難しい事に気づく。

現状を打破すべく「まずは副業で稼げ!」というアドバイスに従い、転売を開始。

比較的すぐに稼げたものの肌に合わず撤退。

その後、PC1台で世の中に価値を提供しながら稼ぐアフィリエイトに魅力を感じて没頭。

 

開始から半年で今でも完全放置で毎月10万円以上を稼ぐような資産サイトの構築に成功。

その後、脱サラ。
独立初月には月収70万円を達成。

会社員時代の3倍以上の収入を得て少し感動。

 

自分のペースで誰にも邪魔されずに出来る事、アイディアが数字/成果という目に見える形になる事も好きで、現在もアフィリエイト、webコンサルティング、メディア運営等ネットを用いてビジネス活動中。

 

代官山のカフェでまったり過ごしたり、平日ド真ん中に海外に行ったり。そして何より満員電車に乗る必要が無くなったことで、ストレスフリーな毎日を送っています。

⇒詳しいプロフィールはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です