会社に尊敬できる人がいないと感じたら転職するべき?

どうも、Magaraです。

「会社に尊敬できる人がいない。」

そのように感じたらどうするべきでしょうか。

転職するべきなのでしょうか。それとも・・・

会社に尊敬できる人がいないと感じたら転職するべき?

まず、結論をお伝えしておくと、

 

・転職をする前によく周りをもう1度、見渡すべき

・転職をすれば尊敬できる人に巡り会えるかは不明

・そもそも、尊敬できる人がいてもいなくても良い

・理想のライフスタイルを描けなそうだったら転職などを検討すべき

だと僕は考えています。

会社に尊敬できる人がいないとどうなる?

会社に尊敬できる人がいない時、あなたはどのように感じますか?

 

一般的には、

・モチベーションが下がる

・成長が遅れる

などと感じる人が多いようです。

モチベーションが下がる

自分より凄い人がいたら、

その人みたいになろう!その人みたいになりたい!、

とモチベーション高く頑張ることが出来ますよね。

 

僕も学生時代、部活やサークルにいた尊敬できる先輩の

背中を追いかけていた思い出があります。

 

ただ、人によっては、会社に尊敬できる人がいない事が理由で、「俺がやらないと!」ってなってモチベーションが上がったり、自主的に勉強するようになったり、早くから重要なポジションを任される事でやる気があがるパターンもありますよね。

捉え方1つ、良い面もあれば悪い面もあるっていう事です。

どんな出来事にも良い面があるって考えた事ありますか?【球体思考】

成長が遅れる

尊敬できない人がいないと成長が遅れると考えている人は、「尊敬できる人、優秀な人がいたら仕事を教えてもらえて成長できる」と考えているのではないでしょうか。

確かにそうかもしれませんね。

仕事がデキて教えてくれる人がいたら、成長できそうです。

 

ただ、実際問題、成長できる人はどんな環境でも成長していくものです。

普段の仕事をしている中で、「こうやったら上手くいくかな?、今度はこうしようかな?」とPDCAをまわしていけば

 

もし会社の研修や上司の指導で不足しているなと思えば、どうするかを考えるべきです。

本を読む、ネットで情報収集する、セミナーを受ける・・・

こうした事でいくらでも成長できるはずです。

PDCAサイクルをまわして成長するには?

会社に尊敬できる人がいない、って本当ですか?

ところで「あなたの会社に尊敬できる人がいない」。

それって、そもそも正しいのでしょうか。

 

会社の大多数の人を把握していますか?

 

目の前にいる上司、先輩に尊敬するべきところは本当にありませんか。

人間、誰しもどこかしら良いところがあるはず。

上司がいつも不機嫌なのは、それだけ真剣に仕事に取り組んでいる証拠かもしれません。

会社に尊敬できる人がいなければ転職するべきなのか?

「それでも、やっぱり、うちの会社には尊敬できる人なんていない!」

そんな時に頭をよぎるのは「転職しようかな・・・」という言葉かもしれません。

 

ただ、これも解決案としてイマイチかなと。

 

というのも、現状、尊敬できる人を見つけられないのに転職して急に尊敬できる人に巡り会えるかはわかりません。

なら、「尊敬できる人がいる会社に!」という考えもあるかもしれませんが、同じ会社に入ったとしてもその”尊敬できる人”と同じ部署で働けるかはわかりません。

部署も同じでその”尊敬できる人”と働ける事になったとしても、いつその人が異動になったり、いつその人が転職したりするかも定かではありません。

 

実際、僕も経験があります。

採用時に面接をしてくれて、その頃から尊敬していた方が、僕が入社して1年足らずで転職していかれたのです。

このような事が起こるたびに転職を考えていてはおそらくキリがないとおもいます。

会社に尊敬できる人はいてもいなくても良いのでは?

僕は会社に尊敬できる人は、いてもいなくてもどちらでも良いんじゃないかと思っています。

いるに越した事はないかもしれませんが、いないならいないで、どうにでもなります。

結局は、モチベーションを上げるのも自分次第、成長できるかも自分次第です。

 

ただ、理想のライフスタイルを実現できている人が会社にいなかった場合は、よく考えた方が良いです。

基本的には、その職場で他の人と同じように働いていたら、いや、他の人より努力をしたとしても、その職場にいる限り、他の人と同じような生活水準・ライフスタイルの人生を送る事になりがちでしょう。

勤務体系や給与体系というのは、なかなかコントロールできるところではありませんし、限界があります。

会社の平均給与、もっと言えば業界の平均給与を大きく上回ったりする事は難しいでしょう。

 

どんな会社を選ぶか、どんな仕事を選ぶかである程度ライフスタイルが決まってくるという事です。

理想のライフスタイルを実現できる人の真似をした方が良い

僕自身は会社に仕事ができ、尊敬している人はいました。

社長ふくむ取締役、創業メンバーを中心に優秀な方々がいました。

 

上司も仕事のできるタイプの人達でした。

ですが、旅行は年に1回行けるかどうか、そして節約生活を強いらているような上司のライフスタイルには憧れを感じず、自分の思い描いているライフスタイルではないなと感じてしまいました。

 

そして、なんとか現状を変えたい、と思って色々とネットで検索しまくった結果、アフィリエイトをやっている人達が僕が思い描くような生活をしている事がわかりました。

※ちなみにアフィリエイトとは何かについては、僕が無料でやっているオンラインメール講座でも説明をしています。

アフィリエイトとは?副業初心者にもオススメな3つの理由

フラッと旅行に行ける自由気ままな生活

そこで、僕も会社に勤務しながら副業としてアフィリエイトを開始。

最初はブログの立ち上げ方もわからないようなレベルでしたが少しずつ前進。

 

その結果、現在は独立。会社員時代より働く時間が減ったのにも関わらず、収入を増やすことに成功。

「ぶっちゃけどのくらい収入増えたの?」と友達に追求されまくったので、渋々「10月に過去最高で月収400万だった」と伝えたらビビっていました。ちなみに僕も10月の収入を計算した時、自分自身でビビりました。

 

そんなわけで、お陰様で今では会社員時代に描いていたような、”毎月のように自由気ままに国内外を旅行できるようなライフスタイル”を手に入れる事ができています。

あなたもそのようなライフスタイルに興味があるようでしたら、僕の無料メール講座に登録してみると良いかもしれません。

収入を上げて豊かになる方法をお教えしています。

Magaraの無料公式メルマガはコチラ

アフィリエイト初心者が月収10万円を毎月稼ぐための教科書を無料でプレゼント

ワードプレスの立ち上げ方〜売れる文章の書き方までを30本以上のコンテンツにまとめた教科書を期間限定で無料でプレゼント。

今なら特典として「誰でも確実に3万円稼げるノウハウ」をまとめた動画もお渡ししています。

※とりあえず無料で受け取る場合はコチラ をクリック↓

【管理人Magaraのプロフィール】

1992年3月生まれ、現在26歳。
代官山蔦屋とかオシャレな空間が好き。
満員電車や行列に並ぶのが嫌い。

早稲田大学商学部を卒業後、IT系ベンチャー企業に法人営業として就職。

 

仕事に励み、楽しい毎日を送っていたが『出会いがない』『お金がない』『海外旅行に行きたいのに行けない』という現実に直面。思い描いていた理想の人生の実現が難しい事に気づく。

現状を打破すべく「まずは副業で稼げ!」というアドバイスに従い、転売を開始。

比較的すぐに稼げたものの肌に合わず撤退。

その後、PC1台で世の中に価値を提供しながら稼ぐアフィリエイトに魅力を感じて没頭。

 

開始から半年で今でも完全放置で毎月10万円以上を稼ぐような資産サイトの構築に成功。

その後、脱サラ。
独立初月には月収70万円を達成。

会社員時代の3倍以上の収入を得て少し感動。

 

自分のペースで誰にも邪魔されずに出来る事、アイディアが数字/成果という目に見える形になる事も好きで、現在もアフィリエイト、webコンサルティング、メディア運営等ネットを用いてビジネス活動中。

 

代官山のカフェでまったり過ごしたり、平日ド真ん中に海外に行ったり。そして何より満員電車に乗る必要が無くなったことで、ストレスフリーな毎日を送っています。

⇒詳しいプロフィールはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です